石川県金沢市ではんこ屋をお探しのあなたへ

はんこの事なら金沢の印鑑1級彫刻技能士・塩屋印房でどうぞ!

金沢市のはんこ屋で印鑑をお考えでしたら。

「はじめまして、金沢市ではんこ屋を営んでいる塩屋といいます。」
皆さんは大切な実印や銀行印が必要になったらどこで購入しますか?
印鑑を扱っている業者は、何も私どものような印章店だけではありません。
文房具屋さん、本屋さん、カギ屋さんやホームセンターさんなど貴方のお住まいのお近くにあるでしょうし、わざわざお店に出向かなくてもネットで簡単に購入できますよね。
「ただ、どうでしょう・・・?」 出来合いのハンコをお求めならどこでもいいのかもしれませんが、最初に言いましたように 「大切な実印、銀行印または会社(法人)の印鑑など、ご自身にとって気合の入った印鑑といった場合、どこで購入したら良いか考えさせられる事はないですか?」
そんな あなたのお悩み事を少しでも解消できたらと思いこのサイトを作ってみました。
もし、お時間があれば 「サ〜〜」 とお読みいただき、その後にハンコについて 「なるほどね!」 と 思っていただければ幸いです。

「実印・銀行印・認印のちがいってなんだろう?」

あなたが印鑑が必要になった時、そのハンコって何に使用しますか?
「面倒だから100円ショップで買ってしまおう!」 と お考えかもしれませんが、ハンコにはそれぞれ用途があります。
それをザックリとご説明しますので、先ずは下記をご覧になってからご検討下さいね〜

 

実印

銀行印

認印

 

 

実印についての写真 

 

ご自身の住民票がある市区町村役場に印鑑登録した印章が実印になります。 ちなみに、印鑑登録の条例は各市区町村役場によって異なります。

 

 

銀行印についての写真 

 

金融機関に口座を開設するために届ける印鑑をいいます。
※ ご苗字に限らず、名(ファーストネーム)で届ける事もできますよ。

 

 

認印についての写真 

 

名前の通り、契約書や日常業務の書面に「認めました!」と捺印する印鑑をいいます。

※ 使用頻度の高いハンコになると思いますので、重要度によって使い分けされた方がいいですね。

実印が必要になる時

銀行印が必要になる時

認印が必要になる時

車の購入や廃車、不動産の売買、遺産相続の手続きなどご自身の印鑑証明書が必要になった時です。

上記の通り銀行に口座を開設する時や、既に届出してある銀行印を紛失した場合に改めて届出直す時です。

宅配の受取の際はサインやシャチハタ式のハンコでもいいですが、勤務先での決済印や契約書印など朱肉で捺印を要する時です。

実印は「姓と名」どちらで彫るの?

銀行印は「姓と名」どちらで彫るの?

認印は「姓と名」どちらで彫るの?

姓と名のどちらでも印鑑登録した印章が、あなたの実印になります。

姓と名のどちらでも届出した印章が、あなたの銀行印になります。

第三者に 「〇〇さん」 と認識できる姓が一般的です。

実印の直径は?

銀行印の直径は?

認印の直径は?

市区町村の条例によって多少異なりはありますが、9ミリ以上で25ミリ以内に収まればいいと思います。

市販のハンコが9〜10ミリ丸程度ですから、その大きさでもいいですし、12ミリ〜18ミリであっても問題ないです。

あらかじめ決まった枠内など会社の決済印に使用する場合は9ミリ〜12ミリ程度が適当だと思います。

実印の素材は何でもいいの?

銀行印の素材は何でもいいの?

認印の素材は何でもいいの?

ゴムなど変形しやすい物では登録できません。

ゴムなど変形しやすい物で銀行へは届出できません。

公的な時はゴムなど変形しやすいものは不可ですが、宅配の受取はネーム印(ゴム印)でも問題ないです。

実印の字はどうなるの?

銀行印の字はどうなるの?

認印の字はどうなるの?

第三者に読めなくていいので、お札に印刷してある字体が一般的です。

第三者に読めなくていいので、お札に印刷してある字体が一般的です。

読みやすい書体が向いています。

はんこの書体は実印・銀行印・認印によって使いわけましょう。

ハンコに用いる書体は色々ありますが、実印や銀行印は第三者に、あえて読み難く、認印は読みやすく と いったように用途によって使い分けされたらいいと思いますよ。
ここでは私の好きな戦国武将 真田幸村さんからご注文を承った仮定してご説明させていただきますね。

 

実印

銀行印

認印

実印の書体見本

銀行印の書体見本

認印の書体見本

お札 印刷してある 【総裁之印】 の篆書体(てんしょたい)を一般的には用います。上記はフルネームで真田幸村となります。

実印と同じで一般的には篆書体を用います。ちなみにヨコ形の場合、向かって右から真田となります。

比較的読みやすい書体が用いられます。線の交差する部分に墨だまりが特徴の古印体(こいんたい)という書体になります。

 

 

実印の書体見本を篆書体にあげましたが、【真】 は旧漢字 【眞】 が存在しますので、もし、眞田幸村さんでしたら下記の通り2がそれになります。また、それをアレンジしたものが4になります。
このように同じ篆書を用いても使用する文字のスタイルや5のように、ワクを太くして文字を細くすることによって目に映る印象はずいぶん変わります。参考になれば幸いです。

 

店主の紹介

はんこの素材について

ハンコには沢山の素材がありますが、当店ではご注文をいただく際に以下の通り4種類を取り扱っています。
理由は全て彫刻刀で彫れる事と印材としての歴史があるので自信をもってお薦めできるからです。

象牙

牛角(※ 旧称:オランダ水牛)

象牙のはんこ 

 

印材として最も優れていいます。 朱肉の付はピカイチで捺印した際の印影はとてもクリアーです。

牙の芯から近い部分がきめ細かく外観も美しいです。

彫っている時はとてもかん高い音がします。彫刻刀の刃先が折れてしまう事があるくらい、とにかく硬いです。

牛角(オランダ水牛)のはんこ 

 

かつては「オランダ水牛」と呼ばれていましたが近年、「牛角(うしつの)」に名称が統一されました。美しい飴色が特徴です。天然素材のため、同じ牛角でも印材によって色合いのコントラストが違います。また、その外観の美しさから特に女性に人気の高い印材です。

黒水牛

柘植(つげ)

黒水牛のはんこ 

芯の通った中心の芯持(しんもち)、という部分は角の端にあたる部分を使用し、印面側の芯の小さいものがもとも良質です。当店では この芯持ちという良質な部分使用しております。

柘植のはんこ 

硬度が高く精密な彫刻がしやすいので日本では古くから櫛(クシ)や将棋の駒などの細工品に使われてきました。国内で柘の産地は鹿児島県が有名で、「薩摩ツゲ」「本ツゲ」と呼ばれていました。

 

印面調整(彫刻面を平らにする作業)

はんこを注文される際に気に入った印材を手に取ってご覧になった事はあると思います。
一見、表面は平らになっているとお思いでしょうが、実は全部歪んでいます。(水平均等の平ではありません)
はんこの文字を表面に彫刻する場合に専門用語で印面調整(いんめんちょうせい)を必ず行います。
建物に例えると基礎工事みたいなものです。これがないと建てたとしても壊れてしましますよね・・・・
印鑑も同じです。 平にしないで彫刻したハンコの押し型をちょっと想像してみて下さいね。
下記の図のようになるのは間違いないです。

 

はんこの表面を平らにする印面調整の説明です

 

実は印面調整こそ重要な作業なのに残念ながらこれもロボットで「ザ〜」と削っていまう業者が多いのです。
はんこの彫り直しでも書かせていただきましたが、特に象牙、牛角(オランダ水牛)黒水牛などは繊維質があるため丈夫ですがデリケートな印材でもあります。
無資格者が早く安価にできるのは人の手が入らないためです。(技術がないので無理です。)
お客様から 「このハンコ綺麗に捺せないのですが・・・」 と よく聞きます。 おそらく、表面が上記図のようになっているのでしょう。 残念ですね・・・
印面調整は大切なハンコの基礎となる部分なのです。

 

【印面調整の手順】

 

表面の歪み具合も印材によって色々ですが、私の経験では手で彫れるものでは牛角(オランダ水牛)が一番解りやすいと思います。
この印材については殆どが凹んでいますので下記通り写真でご覧になって下さいね。
ここの手順も 「はんこの彫り直し」 同様サンドペーパーを使用していますが、表面のヘコミを解りやすくするため表面だけをご注目下さい。

 

 

はんこの表面を平らにする印面調整の説明です

写真は何もしていない印材を篆刻台にはさみ撮影しました。この段階では解りづらいと思いますので次はサンドペーパーで擦った後の写真をご覧くださいね。
意外に思われるかもしれませんが、この状態でそのままロボットで「ザ〜」と彫ってしまう業者もあるようですよ。
激安・激早の裏にはお金と時間のコストを削減しなくてはいけないので、印鑑彫刻以前の段階で作業を短縮しているわけです。

 

 

はんこの表面を平らにする印面調整の説明です

サンドペーパーで少し擦ってみました。
擦れた部分は白くなりましたが、中心に近い箇所は上記写真とかわらないですよね。
つまり、この部分が凹んでいる事になります。
仮にこのままの状態で彫刻したとしたらどうなるかお解りですよね。
牛角印材を例にしたのはこれをご覧いただきたかったからです。

 

 

 

はんこの表面を平らにする印面調整の説明です

さらに円を描くように水平均等にサンドペーパーで擦ります。
上記写真と比べて白い箇所が増えているのがお解りですか?
平に近づいているのですが、まだ中心部分が凹んでいますね。
そういうわけで水平均等を心がけさらに擦ります。
ここまでやるのに腕がだるくなりました。(笑)

 

 

 

はんこの表面を平らにする印面調整の説明です

どうですか? 均一に白く擦れているのがお解りいただけますでしょうか?
これで殆ど平らになりましたが、なんとなく中心部分があやしいですね。
実はこれが「芯」といって、牛角、黒水牛などの角、象の牙に存在します。
「芯持ち印材」とは良材です。全く問題ありません。
その証拠に、さらにこすったものが次の写真です。

 

 

 

はんこの表面を平らにする印面調整の説明です

どうですか? 「芯」部分は前の写真と変わりないですね。
この先ず〜と擦っても中心部分は変わりません。
単に短くなっていくだけです。(笑)
例えれば鉛筆の芯のように垂直に印材と一体化しています。
これで印面調整が完成した事になります。
ここまでご覧いただいてありがとうございました。

 

 

ハンコの彫り直しも承ります。

お家にある不要になったハンコはございませんか?
例えば、以前おじいちゃん、おばあちゃんが使っていた印鑑がご事情のため不要になることがありますよね。
「処分しようにも、どうも気になって・・・・」 と ご来店いただくお客様からよく聞きます。
※ 印材にもよりますが、削って彫り直す事も可能です。 (※ 木は新規で求めても価格は大きく変わりません)

 

こういった場合、象牙でしたら彫り直す事によって新規にお買い求めになるより安価でできます。
ただ、ここで注意なさって欲しいのは激安・激早の印章店をさけた方がいいです。

 

その理由としては上記の殆どは無資格者によるロボットでの大量生産(流れ作業)になるため、オンリーワンの印鑑になる事が考え難いためです。

 

実際、彫刻刀で彫れる印章店は全国的に見ても僅かですが、もし、ご心配な時は1級印章彫刻技能士を得ているお店でご相談される事をお薦めいたします。

 

 

【はんこ彫り直しの手順】

 

 

象牙のはんこ彫り直し

はんこの彫り直しのお問合せで一番多いのが象牙です。皆さんご事情は様々ですが印材そのものに価値がある事はご存じのようです。
文字が彫刻してある部分を拝見すると職人さんが手で彫ったものが多いですが、何かには 「あれっ!」 と いうものもあります。
人の手が加わっていないロボットだけで彫ったハンコは枠がペラペラに薄いため、象牙本来の素材の強さを生かし切れずワクが欠けてしまっている事がありました。

 

 

象牙のはんこ彫り直し

私の場合、全て手作業で行います。特に象牙の場合線維質(牛の素材も含む)がありますので、硬いゆえにデリケートです。
ワクの欠け具合であったり、既に彫刻してある部分の深さなどありますので、これを最小限に削るにはサンドペーパーが一番です。マッタイラにするまでは時間を要しますが、ここに新しいお名前を彫らせていただくわけですから丁寧にかつ優しくなでるように擦っていきます。
削るというよりイメージとしては円を描くように擦る感じですね。

 

象牙のはんこ彫り直し

少し解り辛いかもしれませんが上段の写真より彫刻文字部分が消えていく感じがお解りでしょうか・・・?
ここまでするのに時間がかかりましたし腕もだるくなりました。(笑)
でも、まだまだこれからです。イメージしていただきたいのは、店頭で陳列してある印材のように平らに見えるようにします。
(注意)印章店に陳列してある印材は全て平らではありません。 印面調整のコーナーでご説明しています。

 

 

象牙のはんこ彫り直し

彫刻面をより平らにするため細かい粒子のサンドペーパーにかえました。
ここからはさらに水平に均等にを心がけ優しく擦っていきます。朱色と白色部分がマダラ状になっているのがお解りいただけますか?
これは象牙の特徴の一つで永く使用する事によって朱肉が本体に浸透したものです。
次の写真で完成になるので、上記の点にご注目下さいね。

 

 

象牙のはんこ彫り直し完成です! ここまでするのに時間はかかりましたが水平均等の平らになりました。前述通り朱色と白色のマダラ状は象牙特有のもので年期のある証です。

綺麗な表面に新しい文字を彫らせていただきこの印材も生まれ変わります。もちろん技術的には牛角(旧称:オランダ水牛)や黒水牛も彫り直しは可能です。ただ、金額的な事をいうと新規に注文される場合と大きな差は生じないと思います。
ここまでお付き合いいただきましてありがとうございました。

 

良いハンコは1級印章彫刻士が彫らせていただきますよ!

一般の方はどこでハンコを買っても皆同じと思われていますが、私達の業界では、「手で彫れる技術を習得した1級印章彫刻技能士」 と いう資格があります。
時間制限や激安の業者ではロボットでの大量生産での一切人の手が入らないハンコのため、せっかく注文しても残念な印鑑になってしまします。
そういうわけで、ご注文の際は当店に関わらず1級技能士が彫る店をお薦めいたします〜

 

当店の案内の写真

取扱商品の案内写真

実店舗の連絡先

はんこ・ゴム印・表札

 

アクセスマップの案内写真

お問合せの案内写真

案内地図

お気軽にお問合せ下さい

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 店主の紹介 取扱商品 当店の案内 アクセスマップ お問い合せ